人

歯周病になると口臭を発生させる

自分で歯周病を自覚している人は少ないと思います。
実は、歯周病になると口臭の原因にもなってしまうので、自覚していない人は口から悪臭を発生させているかもしれません。
そうならないように歯周病になる原因をご紹介していこうと思います。

口の中には300〜500種類のばい菌があると言われていて、これらのばい菌は、生活に影響することはありませんけど、歯を磨かなかったり、甘いモノを食べたりすることで、ばい菌を増やしてしまいます。
ばい菌が増えるとネバネバした物質が生れ、この物質を歯垢(プラーク)といい、歯垢(プラーク)が歯肉に炎症を起こして、歯を支えている骨が溶かされて歯周病になります。
つまり、歯磨きや甘いモノを食べることが歯周病の原因に関わってくるのです。
歯周病になると口臭の発生させる原因にもなるので、口臭を発生させたくない人は注意しましょう。

ちなみに歯周病対策として口臭サプリというサプリもあるので、気になる方は試してみるといいかもしれませんね。
口臭サプリには、歯周病の原因であるばい菌を減らす「乳酸菌」などの成分が配合されているので、歯周病対策や口臭対策に役立つサプリなのです。

歯周病になると口臭を発生させたり歯が抜けたりするので、早めに対処することをオススメします。

clear